So-net無料ブログ作成

森口尚史氏、医師免許資格ないのに、IPS細胞を使用し手術か!? [ニュース]

森口尚史 IPS 医師免許なし

森口尚史氏が、IPS細胞を使った世界初の心臓移植手術を実施したと発表し、
世間を騒がしている!!

え~っ!本当に?
だったら、山中教授より先に話題になってもおかしくないではないか。

なんと森口尚史氏、医師免許は持っていない。
なのに、どうしてIPS細胞・・・
いや、通常の手術もできるわけがないじゃないか。

森口尚史

森口尚史氏いわく、
「きちんとした手続きにのっとって移植を実施した。
私に医師の資格はないが、移植は医師の指示の下で行われたので問題はない。
ハーバード大学が私が所属していないと否定するのはよく分からない」と。

へ?
立ち会えばいいんですか?そんなバカな。
当然、ハーバード大などはIPS細胞の臨床応用を否定しているのは言うまでもない。

ちょっと考えれば、自分がどんなに子供じみた、
いや、子ども以下なことをしでかしているかわかるはずだ。
テレビのインタビューにも、
「渡航記録を見せてほしい」と言われ困惑していた。
はぁ。

森口氏の言い分はこうだ。
細胞になる人工多能性幹細胞(IPS細胞)を使った初の臨床応用をしたとの説明に対し、米マサチューセッツ総合病院とハーバード大は、
「森口氏に関連した治験が承認されたことはない。現在、両機関とも森口氏と関係はない」との声明を発表している。
および、正規の手続きを経た臨床応用が行われたことを否定した。

森口氏はハーバード大客員講師を名乗り、総合病院で臨床応用を実施したとしていた。

いったい、こんなことをして何になるんだろうか。

せっかくの山中教授の功績が・・・。
ノーベル医学生理学賞の受賞が決まった山中伸弥京都大教授のIPS細胞をめぐり混乱する異例の事態となったのは言うまでもない。

当然、国内の複数の専門家も、森口氏の治療の効果を疑問視する姿勢を見せている。
森口氏は取材に「大学の倫理委員会を通すなど、きちんと手続きを経て研究を進めている。IPS細胞を作る手法が山中教授と違うと言われるが、私は私のやり方でやっている。
移植後も問題は生じていない」と説明している。

肝心のハーバード大だが、
森口氏が在籍していたのは、たった1か月ほど。
それでハーバード大と名乗られたら、たまったもんじゃない。
ちなみに森口氏は東京医科歯科大で看護学を学び卒業し、
医師の免許は持っていない。
なんとも不可解だ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。